中古マンションで注意したいこと

中古マンションで注意したいこと

物件情報のお役立ちリンク集♪

事故物件もあるかもしれない中古マンション

中古マンションといえば、そう古くない限りお手頃である意味お得な物件なのだろうが、近所のとあるマンションで、いわゆる事故物件に近いにもかかわらず、普通の値段で販売されているのを見て少々認識が変るでき事が先日あった。そのマンションの浴室で、住民の方がなくなりしばらくして発見されたというものだが、その家そのものが(マンションでは珍しいと思うが)いわゆるゴミ屋敷と呼ばれる家で、家の中だけでなくベランダや玄関前にゴミ捨て場から拾ってきたらしい、用途のよく解らないものが色々積まれているので評判になっていた。ただ、事故物件の規定はしらないが亡くなってそう時間がたたないうちに発見されたらしく、一応調べられたが自然死ということで終了し、その一ヵ月後にはそのマンション販売広告が入るようになった。その際の価格は、普通の(そのマンションの)販売価格と同値。元の状態や事故を知っていると、とても同じ値段で購入しようとは思えない。広告では外からの写真しか存在しないので、色んなものが溜め込まれていたという室内は、表面をきれいにしても部屋の壁隅などは大丈夫か心配になるし、何より浴室そのものは、リニューアルされたのかが事情を知っていると気になってしまう。実際に工事したのであれば、新しくした場所は「売り」になると思うので、○○年お風呂場リフォームだとか、浴槽新バスタブに変更といった文字が広告に記載されそうなものなのだが、私がみた広告にそれらの文字はなかった。
広告に載っていないから、人がなくなった浴槽をそのまま使用している…とは断言できないが、事情を知っている者としてみるとそのマンションに新しく住んだ人は大丈夫なのかと気になるし、かといって何も知らずにそこに住んでいる人に、あえて教えるのも余計なお世話というものだろう。自分自身が、知らずにそういう場所に住んでしまうこともあるのかもしれないと、少々中古マンションに対する考え方が変った一件だった。

話題の物件関連情報。情報量が多いこのサイトが手軽で便利です★

Copyright (C)2014中古マンションで注意したいこと.All rights reserved.